CASES

事例紹介 業務標準化コンサルティング

業務標準化コンサルティング

クライアント
小売業様
売り上げ規模
500億円

課題

多角化戦略により事業の拡大を続けてきているが、経理部門では大きな体制変更はなく、各担当者が把握する業務がバラバラになってしまい、業務のブラックボックス化が起こっている。

施策

ブラックボックス化(属人化)した業務を標準化するには、「仕事の進め方」や「目的や役割」を『明文化(文書化)』して各担当者に理解させ、仕組みとして『定着』させることが必要であった。まずは現状の業務を分析するため、アンケートとヒアリングによって業務と課題の可視化を行う。業務はフロー図を使ってプロセスの可視化を行い、業務フロー図に課題を明記することで、他の経理部担当者と共通の認識を持つことができ、部分最適ではなく全体最適を踏まえた標準業務の構築を議論することが可能となった。

標準業務の構築には、「目的」や「役割」から検討するトップダウン方式が最も効果的だが、現場担当者に定着しない恐れがあったため、現場担当者の意見をもとに検討するボトムアップ方式も取り入れ、双方向で議論することで、机上論とならないように配慮。

構築した標準業務については全てマニュアルを整備(明文化)することで、仕組みとして定着させることに成功。

施策関連サービス

CONTACT

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
受付時間:平日9:00~18:00
東京本社
03-6230-9526
大阪支社
06-6210-5749
資料ダウンロードはこちら

認証フォーム

※お名前・メールアドレスを入力するとすぐに資料がご覧いただけます。

氏名必須
メールアドレス必須