エイアイエムコンサルティングTOP > IFRS コース別コンテンツ一覧

IFRS コース別コンテンツ一覧

IFRS入門コース eIFRS@AIMC

経営者、管理者、現場スタッフの方々

IFRS初級編として、そもそも「IFRSとは何か?」からスタートして、IFESが日本企業に与える影響と今後の対策まで、IFRSの概要を学習します。IFRSの影響と対策について、経営、業務、システム、担当者(人)の観点から、難しい用語を使用せずにわかりやすく解説しています。

講義内容

  • 【第1回】 IFRS国際基準とは?
  • 【第2回】 IFRSが日本企業に与える影響とは?
  • 【第3回】 IFRSが業務プロセスに与える影響とは?
  • 【第4回】 IFRS情報システムに与える影響とは?
  • 【第5回】 IFRS業務担当に与える影響とは?
  • 【第6回】 IFRS対策~2015年までにやるべきこと?

IFRS学習コース eIFRS@AIMC

経営者、管理者、現場スタッフの方々

【内容】【ポイント】【日本基準とIFRSの差異】【IFRSの影響】【IFRSの対策】【まとめ】

講義内容

  • IFRSを理解しよう! ~IFRS国際財務報告基準とIAS国際会計基準~
  • IAS第8号【会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬】
  • IFRS第8号【事業セグメント】
  • IAS第1号【財務諸表の表示】
  • IAS第7号【キャッシュ・フロー計算書】
  • IAS第18号【収益】①
  • IAS第18号【収益】②+IFRIC第13号【カスタマー・ロイヤリティ・プログラム】
  • IAS第11号【工事契約】
  • IAS第2号【棚卸資産】
  • IAS第16号【有形固定資産】①
  • IAS第16号【有形固定資産】②+IFRIC第1号【廃棄、原状回復及びそれらに類似する既存の負債の変動】
  • IAS第17号【リース】+IFRIC第4号【契約にリースが含まれているか否かの判断】
  • IAS第38号【無形資産】
  • IAS第40号【投資不動産】
  • IAS第23号【借入費用】
  • IAS第36号【資産の減損】
  • IFRS第5号【売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業】
  • IAS第32号【金融商品ー表示】(IFRS9号【金融商品】)
  • IAS第39号【金融商品ー認識及び測定】(IFRS9号【金融商品】)
  • IFRS第7号【金融商品ー開示】(IFRS9号【金融商品】)
  • IFRS第2号【株式報酬】
  • IAS第37号【引当金、偶発負債及び偶発試算】+IAS第10号【後発事象】
  • IAS第19号【従業員給付】
  • IAS第21号【外国為替レート変動の影響】
  • IAS第27号【連結及び個別財務諸表】
  • IAS第34号【中間財務報告】+IFRIC10号【中間財務報告と減損】
  • IAS第24号【関連当事者についての開示】+IFRIC28号【関連会社への投資】
  • IFRS第3号【企業結合】
  • IAS第33号【1株当たり利益】
  • IAS第12号【法人所得税】
  • IFRS第1号【国際財務報告基準の初度適用】
  • IAS第31号【ジョイント・ベンチャーに対する持分】
  • IAS第20号【政府補助金の会計処理及び政府援助の開示】
  • IFRS第4号【保険契約】
  • IAS第26号【退職給付制度の会計及び報告】
  • IAS第41号【鉱物資源の探査及び評価】
  • コンバージェンス情報【ASBJ動向】
  • IFRS情報【IASB動向】

※IASBによる会計基準の変更(ディスカッションペーパーの公表等)があった場合には、適時内容を更新します。
※コンバージェンス情報(コンバージェンスやASBJ動向等)やIFRS情報(IASB動向や欧州事例のコラム等)も定期的に更新します。

IFRS学習コース(理解度テスト) eIFRS@AIMC

経理部または情報システム部の管理者およびスタッフの方々

【学習コースをを修了した方向けの選択式】

講義内容

【学習コース IFRS理解度テスト】
  • IFRSを理解しよう! ~総合①~
  • IFRSを理解しよう! ~総合②~
  • IFRSを理解しよう! ~収益~
  • IFRSを理解しよう! ~固定資産~
  • IFRSを理解しよう! ~財務諸表~

IFRS経理コース eIFRS@AIMC

経理部の管理者およびスタッフの方々

【IFRS詳細】【IFRS解釈】【IFRS開示例】【会計方針のポイント】【会計方針・規程(例)】【補足】

講義内容

【経理コンテンツ例】
  • 概念フレームワーク【財務諸表の質的特性】
  • 概念フレームワーク【財務諸表の構成要素】
  • 会計方針選択及び適用
  • 財務諸表の表示【財政状態計算書】
  • 財務諸表の表示【包括利益計算書】
  • 財務諸表の表示【注記】
  • 有形固定資産【取得・取得原価】
  • 有形固定資産【原価モデル・再評価モデル】
  • 有形固定資産【減価償却①】
  • 有形固定資産【減価償却②】
  • 無形資産【取得・取得原価】
  • 無形資産【自己創設無形資産】
  • 無形資産【原価モデル・再評価モデル】
  • 無形資産【償却】
  • 資産の減損【減損の認識と測定】
  • 資産の減損【のれん】
  • 資産の減損【減損損失の戻入】
  • 棚卸資産【測定】
  • 棚卸資産【評価】
  • 外貨【機能通貨】
  • 外貨【機能通貨への換算】
  • 外貨【表示通貨への換算】
  • 【公開草案】収益 履行義務アプローチ
  • 【公開草案】収益 支配の移転(工事進行基準)
  • 【公開草案】収益 代理人取引
  • 【公開草案】収益 保証義務
  • 【公開草案】リース 概論
  • 【公開草案】リース 借手の処理
  • 【公開草案】リース 貸手の処理
  • IFRS基準書の読み方・使い方
  • 引当金【認識】
  • 引当金【測定】
  • 金融商品 金融資産の分類
  • 会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬
  • 遡及適用及び遡及的修正再表示
  • 売却目的で保有する非流動資産の分類
  • 売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業の測定・表示
  • 事業セグメント及び報告セグメント
  • 事業セグメント 測定及び開示
  • 従業員給付 有給休暇引当金
  • 借入費用の資産化
  • 借入費用の算定
  • 初年度適用 概論
  • 初年度適用 禁止規定
  • 初年度費用 免除規定

※IASBによる会計基準の変更(ディスカッションペーパーの公表等)があった場合には、適時内容を更新します。

IFRS経理コース(理解度テスト) eIFRS@AIMC

経理部の管理者およびスタッフの方々

【経理コースをを修了した方向けの選択式】

講義内容

【経理コース IFRS理解度テスト】
  • IFRSをマスターしよう! ~財務諸表の表示~
  • IFRSをマスターしよう! ~無形資産・資産の減損~
  • IFRSをマスターしよう! ~外貨~
  • IFRSをマスターしよう! ~売却目的で保有する非流動資産~
  • IFRSをマスターしよう! ~有形固定資産~
  • IFRSをマスターしよう! ~投資不動産・棚卸資産・引当金~
  • IFRSをマスターしよう! ~概念フレームワーク~

IFRSシステム対策コース eIFRS@AIMC

情報システム部または経理部(システム担当)の管理者およびスタッフの方々

【IFRS用語解説】【IFRSシステム解説】【IFRSシステム対策】【補足】

講義内容

【システム対策コースコンテンツ例】
  • IFRSが企業の情報システムに与える影響とは?
  • IFRSシステム対策:2015年までのロードマップ
  • IFRS連結会計システム対策:IFRS連結変換
  • IFRS連結会計システム対策:過年度遡及修正
  • IFRS財務会計システム対策:IFRS個別変換と複数帳簿
  • IFRS財務会計システム対策:仕訳入力と財務諸表
  • IFRS財務会計システム対策:キャッシュフロー計算書
  • IFRS財務会計システム対策:外貨換算
  • IFRS資産管理システム対策:資産マスタと複数帳簿
  • IFRS資産管理システム対策:適格資産の建設
  • IFRS資産管理システム対策:公正価値評価
  • IFRS資産管理システム対策:資産の減損
  • IFRS資産管理システム対策:減価償却の再見積
  • IFRS資産管理システム対策:無形資産
  • IFRS資産管理システム対策:非継続事業等
  • IFRS販売管理システム対策:収益の分類と認識
  • IFRS販売管理システム対策:収益と売上ポイント取引
  • IFRS在庫管理システム対策:棚卸資産
  • IFRSシステム対策:連結開示システム
  • IFRSシステム対策:IFRS初度適用

※IASBによる会計基準の変更(ディスカッションペーパーの公表等)があった場合には、適時内容を更新します。

各コースの受講料

IFRS入門・学習コースセット
月額(1名利用)500円~
IFRS経理コース
月額(1名利用)500円~
IFRSシステム対策コース
月額(1名利用)500円~

※2コース以上、同時にお申込みの場合に適用されます。
1コースのみのお申込みの場合は、1,000円/月額となります。

IFRSお問合わせ

セミナーについてのご案内

ビジネスの最前線で活躍する経理部門・内部監査部門・情報システム部門向けに、専門性の高いセミナーを開催します。「業務標準化」「内部統制」「RFI/RFP」等のテーマを取り上げ、コンサルタントが現場の生の声をお届けします。

もっと見る

お客様の声

業務改善・システム改善により、決算発表を16日間短縮

詳細

3点セットの簡素化で評価作業の効率が大幅にアップ

詳細

手つかずだった子会社のシステムを整備し、受注から出荷までの情報を一元管理

詳細

もっと見る

IFRSを学ぶeラーニングはこちら セミナースケジュール 【無料】資料ダウンロード

tel:03-5405-2311

お問い合わせ・資料請求

経理部門、内部監査部門、情報システム部門の業務に役立つ情報が満載です。
お気軽にご相談ください。

PAGE TOP

AIM Consulting

Copyright(c) 2014 AIM Consulting. All rights reserved.