SERVICE

内部監査部門向けサービス

こんなお悩みありませんか?

  • そろそろ内部監査部門を立ち上げてガバナンスを強化していきたい
  • 将来的な上場を見据えて、監査室としてできることを把握したい
  • 証券会社や監査法人から内部監査の実施を強く求められている
  • 上場が決まり、3点セットの作成といったJ-SOX対応の必要性が高い
  • 免除期間の終了が近づき、本格的にJ-SOX対応をしなければならない

AIMCのIPO内部監査部門コンサルティングなら

新規に内部監査部門を立ち上げて、これから内部監査ないしJ-SOX対応を開始しようと考えている企業向けのサービスです。
『会社規模が大きくなったので、そろそろ監査部門を立ち上げたい』、『新規上場を見据えて内部監査を実施したい』、『3点セット等のJ-SOX対応に備えたい』とお考えの企業様を支援いたします。内部監査規程の草案作成から内部監査室の組織化・体制づくり、初めての内部監査の実施ないしコーチング支援、監査法人との折衝から3点セット作成、内部統制のプレ評価まで、内部監査部門の立ち上げから新規上場を目的とした内部監査部門の支援に幅広く対応しています。
  • 内部監査部門の立ち上げ

    内部監査部門の目的、位置づけ、職務内容を明確にします。そのうえで必要な人員やスキル等を勘案して、内部監査部門を組織化していきます。

  • 初めての内部監査

    初めての内部監査は、部門監査から実施していきます。全ての拠点ないし一部の重要拠点を対象にして、実際に現場に出向いて監査手続を実行します。

  • 新規上場のためのJ-SOX対応

    内部監査部門は規程類の整備と3点セットの作成を主体的に進め、初回の内部統制評価(プレ評価)まで責任を持って対応する必要があります。

IPO内部監査部門支援のフロー

  • 内部監査部門の立ち上げ

    内部監査規程の作成に始まり、内部監査室の組織化・体制づくりを行います。内部監査部門の位置付けや目的、職務内容を明確にして、内部監査部門の適性・スキルに相応しい人材を集めて、企業内に内部監査部門を立ち上げます。経営層の意向を踏まえた適切なガバナンス体制を構築します。

  • 内部監査体制の構築

    部門監査やテーマ別監査といった業務監査遂行できる体制を構築します。予備調査や監査計画、監査の実施から監査調書の作成、監査報告まで、内部監査の実施要領を定め、必要な人的リソースを募って企業内に内部監査の実施体制を構築し、初回監査の対象範囲や内容を決定します。

  • 内部監査の実施と報告

    すべての拠点(部署)ないし一部の重要な拠点を対象にして、内部監査を実施(往査)します。まずは各拠点に必要な規程類が整備され、その規程を順守しているかの部門監査を実施します。最初は、特定のテーマを掘り下げて監査するよりは、“広く浅く”をモットーに満遍なく監査するように心がけて対応します。

  • J-SOX体制の構築

    3点セットの整備から内部統制の評価まで担うことができる体制を構築します。J-SOXに最低限必要となる規程書類やJ-SOX対応で必須となる3点セットを作成する作業員を用意し、内部統制の整備・運用状況を評価するスタッフ体制を構築し、J-SOXへのアクションプランを策定します。

  • 規程類と3点セットの作成

    各種規程やIT運用書類の整備、業務フロー図・業務記述書・リスクコントロールマトリクスの3点セットを作成します。3点セットについては、業務および決算プロセスの対象を選定し、対象プロセス数ごとに3つの文書をそれぞれ準備します。現場へのヒアリングからドラフト作成、レビュー、最終化と作業を進めていきます。

  • 内部統制評価の運用トライアル

    J-SOXの対象となる本番前に一度は内部統制の評価作業を実施する必要があります。まず評価調書を準備し、実際に整備状況の評価から着手し、運用状況の評価へと進めて検証(プレ評価)します。構築した内部統制に不備等があれば、それを是正したうえで本番の内部統制評価に備えることになります。

これらは標準的なサービスです。
このサービス以外にもお客様に合わせてメニューの追加・変更・削除を行い、適したプランを作成することができます。
お電話でのお問い合わせ
受付時間:平日9:00~18:00
東京本社
03-6230-9526
大阪支社
06-6210-5749
フォームからのお問い合わせ

お客様の声

  • システム開発業様

    • 全く知識が無いまま内部監査室を立ち上げなければならなかったが、規程類や監査計画書、報告書等のひな型を提供してもらえて助かった。
    • 内部監査部門と言っても一人しかおらず、慢性的に人手が足りなかったが、人手不足の点を補えてとても助かった。
    • 初めて内部監査を行うことになり不安だったが、事前に進め方を教わり、往査先にも同行してもらえたので、滞りなく監査が進められた。
    • 何をチェックすれば良いのか監査項目がわからなかったが、監査項目の検討段階から一緒に考えてもらったので心強かった。
  • IT技術・メディア業様

    • 親会社の指示で急遽J-SOXの対応をすることになり、勝手がわからず悩んでいたところ、進め方等について気軽に相談することができた。
    • 経営上層部や他部門の理解が得られず困っていたが、J-SOXの意義や制度内容についての説明会を開催してもらい、周囲の理解を得られた。
    • 3点セットの作成を委託したいと思い見積りを打診したところ、明朗な見積を提示してもらえたことで、納得したうえで仕事を依頼することができた。
    • 監査法人との折衝に不安があったが、監査法人との打合せの場にも同席してもらえて、自社に有利になるように交渉できるメリットを実感した。

よくある質問

監査の免除制度がありますので、上場後3年間はJ-SOXの対応をしなくても良いのではないでしょうか?
免除されるのは監査法人の監査だけであって、内部統制報告書の提出は義務付けられています。上場3年後の対応では間に合わなくなる可能性が高いです。
親会社からJ-SOXの対応準備を進めるようにとの指示がありましたが、非上場でも対応しなければならないのでしょうか?
売上高が増加することによってJ-SOXの対象になることがあります。その場合には、3点セットの作成等の内部統制構築作業が必要になるケースが発生します。
上場にあたり、証券会社等から内部監査の実施を求められていますが、求められる監査水準はどのレベルなのでしょうか?
各拠点に規程類が整備され、規程を順守している状況を確認するのが最初の目標です。初めての内部監査では、“広く浅く”監査するレベルで問題ありません。

CONTACT

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
受付時間:平日9:00~18:00
東京本社
03-6230-9526
大阪支社
06-4705-2211
資料ダウンロードはこちら

認証フォーム

※お名前・メールアドレスを入力するとすぐに資料がご覧いただけます。

氏名必須
メールアドレス必須