SEMINAR

セミナー情報

2021年11月10日(水)開催

【AI-OCRによる入力業務の削減】
PDF・写真データの読み取りや非定型帳票への対応

※WEBセミナーのみのお申込みになります。

無料
【予定プログラム】
‣AI-OCRを活用したデータ読取検証と業務自動化事例
 ‣PDFデータ・写真データの読み取り検証
 ‣非定型帳票機能デモンストレーション
‣AI-OCRの利用・操作方法についての質疑応答
【主催】
エイアイエムコンサルティング株式会社
コンサルティングサービス事業部

開催概要

日時
2021年11月10日(水)
時間
15:00~15:50(受付開始 14:30)
会場定員
100名

※WEBセミナーの定員は「100名」となります。
※競合他社様のご参加は、お断りさせていただきたく存じます。

参加費
無料
対象者
経営者、情報システム部門の管理者・スタッフの方々
※ご来社のお申し込みは締め切っております。
お申込みはこちら

セミナー内容

2020年12月10日に政権与党により令和3年度税制改正の大綱が決定され、2022年の電子帳簿保存法法改正の方向性が示されました。これにより請求書や領収書などの電子データの保存の利便性が大きくあがります。これにより企業は、領収書等の電子データ化へ取り組みやすくなり、コロナ禍での時代ニーズとも相まって、改めてAI-OCRのようなITツールの活用を検討される企業も多いのではないでしょうか。

AI-OCRと言えば、紙業務の効率化に有効というイメージがありますが、PDFデータや写真などの画像データから文字情報の読み取りまで可能とするツールです。AI-OCRの活用により、例えば、タクシーの領収書をスマートフォンで撮影し、その写真データをそのまま文字情報としてデータに変換することができます。このため、写真等の画像データをヒトが確認して、基幹システムへ入力するといった単純業務を削減することが可能です。また、タクシーの領収書の例にあるように非定型の帳票(各社各様の様式の帳票)を自動的に読み取ることも可能になってきており、AI-OCRの利用範囲は拡大しつつあります。

本セミナーでは、AI-OCRによるPDF・画像データの読み取り方法非定型帳票機能といった便利なオプション機能について、実機を用いたデモンストレーションを通じて紹介するとともに、先行企業の活用事例を踏まえ、AI-OCRの効果的な活用方法について解説いたします。

※事前の告知無しにプログラム内容を変更させていただく場合がございます。

タイムテーブル

15:00~15:50
(50分)
プログラム
【AI-OCRデモンストレーション】
PDF・写真データの読み取りと非定型帳票機能の活用
 講師:AIMC業務改善コンサルタント
 AI-OCRは、紙を文字テキストに自動変換するだけの単純なツールではなく、PDFやJPEG、Gif等の画像データから項目を読み取り、文字情報としてデータ化することまで可能です。現在のAI-OCRは、識字率(データの読み取り精度)が格段に進歩しており、高い識字率と合わせて業務での適用領域が広がっています。
 当プログラムでは、AI-OCR製品【Easy AI-OCR with AI inside】を使用して、宅配伝票や納品書のPDFデータ、タクシー領収書の写真データを読み取って識字率を検証するとともに、読み取り箇所を自動で判定する「非定型帳票機能」までデモンストレーションいたします。
15:50~16:10
(20分)
質疑応答
【プログラム終了後】
AI-OCRの利用・操作方法についての質疑応答
 当日は、『Easy AI-OCR』の実機を画面に投影してAI-OCRの内容や使い方を解説いたします。解説上の不明点につきましては、チャット機能を利用して、直接コンサルタントへ質問することが可能です。業務自動化やAI-OCRについて課題等がございましたら、課題を解消する機会としてご利用ください(任意でご参加ください)。

※チャット機能によりご質問いただくことが可能です。

会場

会場での開催はございません。WEBセミナーのみの開催となります。
※当日にZoomを利用した動画配信を予定しており、セミナー【前日】に視聴方法をご案内いたします。

お申込みはこちら

CONTACT

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
受付時間:平日10:00~19:00
お気軽にお電話ください
03-6230-9526
資料ダウンロードはこちら

認証フォーム

※お名前・メールアドレスを入力するとすぐに資料がご覧いただけます。

氏名必須
メールアドレス必須