CASES

事例紹介 業務自動化アウトソーシング

業務自動化アウトソーシング

クライアント
製造業(東証一部上場企業)様
売り上げ規模
14,000億円

課題

業務の自動化によって残業時間を削減したいと思いRPAの導入を検討していたが、進め方がわからず、更に担当できるスキルを持った人材やリソースの確保が困難であった。

施策

経理部内のみで業務自動化を進めたいという要望であったため、インストールおよび運用が簡単なデスクトップ型のRPAを用いてスモールスタートで進めることを提案。デスクトップ型のRPAについて、トライアルとPoC(概念実証)を行った結果、WinActorの導入を決定した。

自動化対象業務は、経理業務の一覧表と担当者へのアンケートを利用して洗い出しを実施。抽出した業務は一覧化を行い、自動化による効果(削減時間、ミスの低減等)と自動化に必要な工数(RPAの構築・テスト時間)を鑑み、「RPA化検討会」を開催して自動化の要否、優先順位を決定。検討会には、主要な管理職担当者に参加してもらうことで、意思決定の統一を実現した。

RPAの設計においては、現状の業務をそのまま自動化するのではなく、標準化や単純化を行うことで自動化できる作業の範囲を広げるだけでなく、開発時間を削減することに成功。開発したRPAは運用スケジュールに記載することで稼働状況を見える化し、RPAのブラックボックス化を防止した。

施策関連サービス

CONTACT

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
受付時間:平日9:00~18:00
東京本社
03-6230-9526
大阪支社
06-4705-2211
資料ダウンロードはこちら

認証フォーム

※お名前・メールアドレスを入力するとすぐに資料がご覧いただけます。

氏名必須
メールアドレス必須