エイアイエムコンサルティングTOP > サービス一覧 > 内部統制評価効率化支援

内部統制評価効率化支援

■内部統制評価で重点的に取り組んでいる課題は何ですか?

内部統制評価のコスト削減で必要なものは?

出典:富士通株式会社「内部統制に関するアンケート調査

多くの企業様が『内部統制評価に作業負荷がかかっている』と感じています。この問題は、内部統制報告制度が続く限り、永続的に発生します。評価の効率化は、早急に解決すべき課題と言えます。

現在の内部統制に不満・お困りごとはありますか。

AIMC(エイアイエムコンサルティング)が提案する内部統制評価の効率化支援

現在の評価方法で進めていることにより、内部監査部門や現場部門の負荷がかかっている場合があります。定期的に内部統制の評価方法を見直し、評価作業の負荷を軽減することを提案いたします。
評価方式の見直し、コントロールの削減、3点セットの簡素化等の効率化対策を通じ、内部統制評価の作業工数を低減することにより、運用コストを削減いたします。

内部統制構築・効率化支援実績 87社

実績の一列

仕入プロセス
効率化前:10サブプロセス 66コントロール
効率化後:4サブプロセス 12コントロール

内部統制評価効率化

内部統制評価方式の見直し

プロセス改善

3点セット方式で評価を行っているプロセスから、不正や誤謬、見積に係るリスクが低いものやイレギュラーが少ないプロセスを洗い出し、どのチェックリストに移行するかを決定します。

チェックシートへの移行

現行の3点セット方式で記載されているリスク・コントロール・評価手続等を要約した上で、移行対象とするチェックリストに内容を転記し、チェックシート方式への移行を行います。

プロセス・コントロールの統合

プロセス統合と共通化

個々のプロセスの中で、共通化できる部分を抽出・整理し、重複して評価している部分は、1つのプロセスとして統合します。例:各商品の販売プロセスにおける契約部分のプロセス等

重複コントロールの統合

同一証憑を課長と部長が承認している事に対し、課長と部長毎に全く別のコントロールとして設定されている等、内容が重複しているコントロールを統合します。例:多段階承認のものを最終承認者のみにする等

キーコントロールの削減

キーコントロールの見直し

「課長以上の権限者による承認はキーコントロールとする」等、キーコントロールを選定する基準を見直し、選定基準に該当しないキーコントロールは削減します。

キーコントロールの再設定

RCM上のリスクの影響度と発生可能性を定量的に算出し、リスクの重要度(影響度×発生可能性=重要度)が高いリスクに対してのみ、キーコントロールに設定します。

3点セットの簡素化

業務記述書の短文化

業務記述書上に記載されている補足説明等を削除し、主語、資料名、結論の形で要約した記述内容にします。短文化により、業務記述書の内容確認に係る作業工数の削減を図ります。

3点セットの改善

財務リスクとコントロールに関連しないような作業ベースの記述(例:資料をコピーする等)を削除し、内部統制に係る業務だけを把握できるように、3点セットの記載内容を修正します。

内部統制評価効率化支援の導入まで

サービス提供スケジュール例

内部統制評価支援(アウトソーシング)+内部統制の効率化支援

内部統制評価効率化支援 内部統制評価支援(アウトソーシング)

内部統制評価の効率化を進めた後、内部統制評価支援(アウトソーシング)をご依頼される企業様も多くございます。

よくある質問と回答

tel:03-5405-2311

お問い合わせ・資料請求

経理部門、内部監査部門、情報システム部門の業務に役立つ情報が満載です。
お気軽にご相談ください。

Copyright(c) 2014 AIM Consulting. All rights reserved.